SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携

最近よく目にしたり耳にしたりするようになったクラウド用語「SaaS」。SaaSという言葉がソフトウェアの導入やクラウドサービスの活用の場面で聞かれるようになりました。
近年SaaSは、ビジネスでも私生活でも重要なツールとして注目を集めており、複数を利用することが一般化しています。SaaS同士を連携させることで、ワークフローの自動化・効率化を実現させることができるのです。
こちらでは、SaaS連携の手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携について解説します。

SaaSの連携手段について

テクノロジーが急速に進化している現代では、クラウドサービスを活用する企業が増えています。インターネットを介して利用できるSaaSもクラウドサービスの一つです。複数のSaaSを連携させることで、ワークフローの自動化・効率化を実現することができます。その手段は下記の2パターンです。

クラウドと街並み

APIでサービス同士を連携

各ソフトウェアやアプリケーションをつなぐ役割を担う「API」を利用する方法です。各社が公開しているAPIを利用して、クラウドサービス間つまりSaaS間を連携することで、ワークフローの自動化・効率化につながります。ただし、連携先のAPIの仕様に合わせてシステムのカスタマイズが必要になると、多額のコストが発生してしまう場合もあることを考慮しなければいけません。

RPAでデータ連携

定型的なワークフローを自動化・効率化するツールの一つ「RPA」を利用する方法です。APIが用意されていないサービスやアプリケーションでもデータ連携ができます。APIと比較して安定性や拡張性が劣るという弱点がありましたが、利用用途が広がるにつれてAPIへの対応が強化されるようになりました。そして登場したのがクラウド型のRPAツールです。

クラウド型のRPAツールによるSaaS連携

複数のSaaSをAPIで連携する場合、連携先のAPIの仕様に合わせてシステムのカスタマイズが必要になると、コストが掛かってしまいます。こうした理由から近年増えているのが、クラウド型のRPAを利用してSaaS連携を実現するケースです。

パソコン作業する男性

そもそもRPAは、コードを書かない、または少ないコードでアプリケーションを開発する「ノーコード・ローコード」であるため、様々なツールを組み合わせて自社で作成することができます。システム連携も容易かつ安価に実現でき、システムの仕様が変わった場合でも自社で修正や改善が可能です。

SaaS連携を簡単に実現できるクラウド型のRPAツールなら『クラウドBOT』

SaaS連携を簡単に実現できるクラウド型のRPAツールを導入するなら、「自動操作をもっと身近に、もっと手軽に」をコンセプトに、Web自動化サービスプラットフォームとして開発された『クラウドBOT』をご検討ください。
ブラウザ操作の自動記録をコンセプトに設計しているため、専門知識や専用ソフトは必要なく、どなたでも簡単にWeb操作の自動化が可能です。
ワークフローの自動化・効率化を実現させたいとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

クラウドBOTで提供しているサービスについてもっと詳しく


  1. クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に
  2. クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力
  3. クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について
  4. クラウド型RPAツールの導入事例をご紹介!RPAツールの選定ポイント 使い方簡単で格安
  5. iPaaS製品の必要性 iPaaSとの連携が可能なクラウド型RPA『クラウドBOT』 無料プランから利用可能!初めての方は事例を参考に
  6. iPaaS製品とRPAツールの違い 日本でも普及が広がる!iPaaSを導入するメリット
  7. SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携
  8. SaaSの連携に有用な2製品「iPaaS」と「クラウド型RPA」とは SaaSの連携なら各APIに対応可能◎活用事例も多い『クラウドBOT』の導入を
  9. webブラウザ操作の自動化なら『クラウドBOT』 RPAツールで自動化・効率化できる業務 データ抽出を効率化するなら
  10. webブラウザ操作の自動化ならプログラミング不要で更新も手間いらずの『クラウドBOT』 自動化できる操作をご紹介