クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に

クラウド型RPAに興味はあるが、導入をためらっていらっしゃる個人事業主様や中小企業経営者様は少なくないはずです。導入したら運用が大変そう、価格が高そうなど、不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、今やRPAは急速に様々な業界で活用されており、活用しないことによる損失はやがて大きくなると考えられます。 『クラウドBOT』は、クラウド型のRPAを低価格で提供するサービスです。無料のプランもご用意していますので、まずはお試しください。こちらでは、活用事例も交えながら、そもそもクラウド型RPAとはどのようなものなのか、また導入の背景についてお伝えいたします。

そもそもRPAとは?

RPAは、「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略です。デジタルロボットを使ってプロセスを自動化する手法です。プロセスとしては、主として事務プロセスとなります。簡単にいうと、事務作業のうち機械的にできることはデジタルロボットに任せてしまおうというのがRPAの基本的な発想です。

はてなマークと人形

ここで、デジタルロボットというと「機械」をイメージする方もいらっしゃると思います。しかし、一般にRPAでいうデジタルロボットとはソフトウェア的なロボットを指します。つまり、コンピュータの中にソフトウェアでつくられたデジタルロボットがいて、それが事務作業をしているイメージです。
具体的には、RPAのシステムではコンピュータに対して実際に操作をやってみせ、コンピュータはそれをそのまま「なぞる」形で作業を行います。この点で、よく比較されるマクロとは根本的に違います。基本的にマクロはマクロプログラムを組まないとつくれません。また、WordやExcel、広くてもOfficeといった範囲内で実行されます。ソフトウェアの枠が決まっているのです。
一方、RPAは人間が操作する定型的業務であれば、ソフトウェアの枠による限定はありません。また、定型化できる作業なら多少複雑でも簡単に導入できます。
事例を挙げれば、社内システムに登録された日報データから営業実績を抽出し、それをセクション単位でまとめて営業報告として営業部長にメールで送信するという作業を、デジタルロボットが実行してくれるのです。 上記のような事務作業はプログラムを組むことでも自動化できますが、プログラムでは複雑なものとなってしまいコストが掛かります。また、複数のアプリケーションを横断しての作業であるため、様々な問題があります。RPAであれば人間の作業をそのままデジタルロボットにさせるため、低価格で実現できるのです。特にクラウド型RPAは価格面で有利です。

低価格かつ高品質!RPA導入ニーズが高まった背景

RPA導入が進んできた理由には、大きくわけてコスト的なニーズ、労働力上のニーズがあります。

人差し指をたてる女性

コスト的なニーズ

ロボットは人間の10倍以上の速度で処理できるものがほとんどです。一人の人間を雇うよりも安い単価で、何十倍もの作業を任せることができます。
機械的な事務作業に関しては、以前からアウトソーシングに出すというやり方がありましたが、それでもコストは掛かります。特に処理量が多ければ、それに比例してコストも掛かります。RPAでは、コンピュータが得意な単純な定型処理をソフトウェアに代行させるため、業務の効率化が実現できます。

労働力的なニーズ

労働力人口の減少や長時間労働の常態化は、社会の深刻な問題として注目を集めています。また、人間による単純作業はミスを起こしがちですし、時間もかかります。
同じ業務をRPAに代行させた場合、作業スピードはもちろんミスのないクオリティの高さを実現します。質と量を確保でき、結果として労働生産性の向上が図れるのです。また、それらの業務に費やしていた時間を付加価値の高い他の作業に充てることができるメリットもあります。

このように、業務にかかる費用を抑え、処理時間を短縮し、労働環境を改善するという意味で、RPAは大きな力を発揮します。具体的には、顧客情報入力、商品情報の更新やデータの収集・統合、注文情報の転記など、ソフトウェア間のデータのやり取りや処理業務がRPAで処理できるようになったのです。

クラウド型RPAの活用事例もご紹介!無料体験も実施する『クラウドBOT』

クラウド型RPAは、定型的、反復的な事務処理を低コストで行うことができます。また、導入することで業務の効率化が実現でき、労働環境の改善にも役立ちます。
クラウド型RPAを活用したいという個人事業主様や中小企業経営者様は、ぜひ一度お試しください。必要なのは、ブラウザ操作だけです。活用事例もご紹介していますので、こちらを参考にしてください。『クラウドBOT』では、実際に体験ができる無料プランもご用意しています。興味のある方は、ぜひお試しください。

クラウドBOTで提供しているサービスについてもっと詳しく


  1. クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に
  2. クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力
  3. クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について
  4. クラウド型RPAツールの導入事例をご紹介!RPAツールの選定ポイント 使い方簡単で格安
  5. iPaaS製品の必要性 iPaaSとの連携が可能なクラウド型RPA『クラウドBOT』 無料プランから利用可能!初めての方は事例を参考に
  6. iPaaS製品とRPAツールの違い 日本でも普及が広がる!iPaaSを導入するメリット
  7. SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携
  8. SaaSの連携に有用な2製品「iPaaS」と「クラウド型RPA」とは SaaSの連携なら各APIに対応可能◎活用事例も多い『クラウドBOT』の導入を
  9. webブラウザ操作の自動化なら『クラウドBOT』 RPAツールで自動化・効率化できる業務 データ抽出を効率化するなら
  10. webブラウザ操作の自動化ならプログラミング不要で更新も手間いらずの『クラウドBOT』 自動化できる操作をご紹介