クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力

クラウド型RPAを導入するメリットは、各業界で実感されています。基本的には、定型的事務作業が多い業界での業務効率化、低コスト化、作業の迅速化にメリットがあります。また、特別な専門知識がなくても誰でも簡単にロボットを作成することができるのも特徴です。ただ、それでも導入に抵抗を持っている個人事業主様・中小企業経営者様もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、どのような業界やどのような作業でRPAが活用されているのか、そしてクラウド型RPAを導入するメリットについてご紹介します。

クラウド型RPAが活用されている業界

クラウド型RPAは、審査・照会業務やシステムを横断して大量のデータを処理する業務の多い分野で活躍しています。例えば、金融業界、製造・流通業界、小売業、オフィス系の業務(人事・経理・総務)など様々な業界で幅広く活用されています。

透けた高層ビル

物販業界

特にECサイトを通じてインターネットに出品・販売を行う場合に多く使われています。複数のECサイトやモール型のサイトに同じ商品を出品する際に毎度同じ情報の入力が発生します。
このような定型的なデータの入力や更新は、RPAにふさわしい業務です。
物販業界でありがちな在庫連動の問題なども解消できるため、導入が進んでいる業界です。

コンサルティング業界

世の中の動きを把握し、クライアントに適切なアドバイスと施策案を提示する必要のあるコンサルティング系の会社で欠かせないのが、情報収集です。近年そのほとんどがWebサービスから行われています。RPAはデータの入力や連携といった使い方以外にも、単純な情報収集のツールとしても効果を発揮します。毎日定時になると、必要なサイトを渡り歩き、必要な情報を収集し、メールで送信する。ということが可能になります。
業務の抜けやミスを補助する役割としても利用でき、業務の品質を維持することにもつながります。

近年広がりを見せているSFAとの連携

SFAとはセールス・フォース・オートメーションの略であり、営業支援を行うシステムを指します。登録した顧客の見込み度合いを管理したり、今まで不透明だった営業状況を数値化することで、効率的・戦略的に営業を行えるようにするツールです。
しかし、顧客管理という点においては、すでに自社内にシステムを用意している会社も少なくありません。SFAを活用したいが、顧客情報の入れ直しが必要になったり、データ連携に追加コストがかかるというケースが少なくありません。
そこで、クラウド型RPAを利用してデータ連携を行い、安いコストで導入を実現しようという動きが増えているわけです。

クラウド型RPAの導入メリット

現在市場に出回っているオンプレミス型のRPA製品に比べ、設備投資、環境構築、ライセンス費用の面において、圧倒的に低コストで導入できるのがメリットです。クラウド型RPAツールは自動化できる対象が限定的である分、導入コストを安く抑えることができます。初期投資額が大きいと、導入することに慎重になってしまいがちです。しかし、低価格なクラウド型RPAであれば、成功パターンを模索しながら活用の幅を広げていくことが可能です。

雲にメリットとデメリットの文字

また、自動操作ロボットがクラウド上で実行されるため、デジタルロボットが実行中でもPCが専有されることはありません。ロボットの作成も比較的簡単にでき、気軽に利用できますので、今までRPA導入に踏み切ることができなかった個人事業主様や中小企業経営者様も安心して導入していただけます。

簡単に活用できるのが魅力!クラウド型RPAの導入をお考えなら『クラウドBOT』をお試しください

クラウド型RPAを導入すると、業務の効率化、処理の迅速化、処理の正確性など様々なメリットを得ることができます。クラウド型RPAは、決められたルールに従って自動的に処理することを得意としています。現在の社内業務の中で活用できそうな作業がありましたら、ぜひ導入を考えてみてはいかがでしょうか。『クラウドBOT』は、面倒なアプリケーションのインストール作業や高価なサーバーの準備などは一切必要ありません。必要なのは、ブラウザ操作だけです。簡単に活用できますので、興味のある方は、ぜひお試しください。

クラウドBOTで提供しているサービスについてもっと詳しく


  1. クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に
  2. クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力
  3. クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について
  4. クラウド型RPAツールの導入事例をご紹介!RPAツールの選定ポイント 使い方簡単で格安
  5. iPaaS製品の必要性 iPaaSとの連携が可能なクラウド型RPA『クラウドBOT』 無料プランから利用可能!初めての方は事例を参考に
  6. iPaaS製品とRPAツールの違い 日本でも普及が広がる!iPaaSを導入するメリット
  7. SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携
  8. SaaSの連携に有用な2製品「iPaaS」と「クラウド型RPA」とは SaaSの連携なら各APIに対応可能◎活用事例も多い『クラウドBOT』の導入を
  9. webブラウザ操作の自動化なら『クラウドBOT』 RPAツールで自動化・効率化できる業務 データ抽出を効率化するなら
  10. webブラウザ操作の自動化ならプログラミング不要で更新も手間いらずの『クラウドBOT』 自動化できる操作をご紹介