『クラウドBOT』を使用して、ブラウザを自動操作する方法を解説します。

ブラウザを自動操作する方法について

ブラウザの自動操作といえば、PythonとSeleniumを使用してパソコンやサーバ上で自動化を実現する法が主流です。
しかし、この方法はサーバやパソコンを用意し自動操作を行うための環境構築を行う必要があります。また、操作手順をプログラムで記述する必要があり、プログラム未経験の方がブラウザの自動操作を実現するには膨大な学習コストが必要になります。

パソコンに向かって悩む男性

ブラウザの自動操作を手軽に実現する『クラウドBOT』とは

クラウドBOTはクラウド上にブラウザを自動操作するロボットを作成できる、クラウド型のRPAサービスです。
基本無料で利用でき、環境構築やプログラムコードの記述は一切不要です。
特別なソフトのインストールも不要で、普段お使いのブラウザ(GoogleChromeやsafari、Edgeなど)から利用する事ができます。スマートフォンからもロボットの作成・実行が可能であり、プライベートな用途や一時的な作業の自動化にも利用頂けます。

パソコンを見る女性

クラウドBOTの仕組み

クラウドBOTは、クラウド上に起動した仮想ブラウザをロボットに操作させる事で、ブラウザの自動操作を実現しています。手元のパソコンのブラウザを使用する事がないため、パソコンを占有する事もなく、24時間365日好きなタイミングでブラウザの自動操作を行う事ができます。

クラウドBOTの仕組み

ブラウザを自動操作するロボットの作り方

『クラウドBOT』を使用してブラウザを自動操作するロボットを作る方法を解説します。

①アカウントを作成する

アカウント作成画面

1.クラウドBOTの新規アカウント作成ページにアクセスします。

利用規約同意画面

2.タイムゾーン、プランを選択し、利用規約を確認し、アカウントを作成します。プランは「フリープランを」選びます。

②操作を記録し、ロボットを作成する

ダッシュボード画面

3.「BOTを作る」ボタンをクリックします。

BOTエディタ画面

4.BOTを作する画面で自動操作したい手順を行うと、操作が自動記録されます。

③ロボットを実行する

ダッシュボード画面

5.「実行する」ボタンをクリックすると、BOTが実行されます。

まとめ

『クラウドBOT』はノーコードでかつ、無料でブラウザの自動操作を実現できるサービスです。普段お使いのブラウザから簡単にご利用頂けます。
ブラウザの自動操作ツールをお探しの方は、是非一度『クラウドBOT』をお試し下さい。
※クラウドBOTはオンラインによる技術サポートが無料です。

クラウド型RPAについてもっと詳しく


  1. クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に
  2. クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力
  3. クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について
  4. クラウド型RPAツールの導入事例をご紹介!RPAツールの選定ポイント 使い方簡単で格安
  5. iPaaS製品の必要性 iPaaSとの連携が可能なクラウド型RPA『クラウドBOT』 無料プランから利用可能!初めての方は事例を参考に
  6. iPaaS製品とRPAツールの違い 日本でも普及が広がる!iPaaSを導入するメリット
  7. SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携
  8. SaaSの連携に有用な2製品「iPaaS」と「クラウド型RPA」とは SaaSの連携なら各APIに対応可能◎活用事例も多い『クラウドBOT』の導入を
  9. webブラウザ操作の自動化なら『クラウドBOT』 RPAツールで自動化・効率化できる業務 データ抽出を効率化するなら
  10. webブラウザ操作の自動化ならプログラミング不要で更新も手間いらずの『クラウドBOT』 自動化できる操作をご紹介
  11. ブラウザ操作を自動化する『クラウドBOT』は、日常的に行っているブラウザ操作をノーコードで自動化する事ができます
  12. ブラウザを自動操作する方法 - 『クラウドBOT』を使用して、ブラウザを自動操作する方法を解説します。
  13. Google Chromeのを自動操作するならインストール不要・プログラミング不要で自動操作を実化できる『クラウドBOT』がおすすめ