クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について

クラウド型RPAツールは、パソコンにアプリケーションのインストールをする必要がないため、簡単に導入することができます。しかし、「クラウド型RPAツールって従来のオンプレミス型RPAツールと何が違うの?」と疑問に感じている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、この2つのRPAツールを比較しながら、それぞれの特徴をお伝えいたします。
クラウド型RPAツール『クラウドBOT』では、RPAの作成から実行までを実際に体験していただける無料プランをご用意しています。クラウド型RPAツールを導入するには、ブラウザ上での操作だけでOKです。まずは、無料プランでご自身のビジネスに活用できるかをお試しください。

クラウド型RPAツールってどんなもの?

クラウドはRPAに限らず、幅広く使われている用語です。通常は、クラウドコンピューティングの意味で使われています。クラウドコンピューティングは、データをパソコンなどのハード機器ではなく、インターネット上に保存する場所を指します。

雲の周りに複数のアイコン

クラウド型RPAツールは、パソコンにインストールすることなく、インターネットに接続するだけで様々なサービスを受けられるのが特徴です。クラウドを通じて提供されるRPAソフトウェア、つまりクラウド型RPAツールは、クラウド上でロボットの作成や実行など、場所や時間を選ばずに利用できるのが魅力です。
そして、インターネット上のシステムを利用するため、パソコンが変わっても同様の業務を行うことができます。さらに、クラウド上にロボットがいることから、パソコンを占有することもありません。パソコンでは別の処理を行うことができますので、業務の効率化に役立ちます。
クラウド型RPAツールは、必要なときに必要なだけ使えるため、無駄なコストが掛からずに済みます。また、オンライン環境さえあればどこでも使えるため、営業部員などが社外で利用することも、社員がテレワークで利用することもできます。

オンプレミス型RPAツールってどんなもの?

オンプレミス型RPAツールは、社内のコンピュータやサーバーにRPAアプリケーションをインストールして処理を行う仕組みです。いわゆる、コンピュータにインストールされているソフトウェアのことを指します。従来はこれが主流でした。

モニターとキーボード

オンプレミス型RPAツールの場合、自社内の他のシステムと連携させることができ、自社のセキュリティポリシーに沿った構築ができるメリットがあります。しかし、コンピュータにソフトウェアをインストールする必要があるため、手間がかかるのがクラウド型RPAツールとの違いです。さらに、サーバーの準備が必要になるため、初期投資額が思った以上に大きくなる場合もあります。

RPAツールを選ぶ際は、利用する用途や操作したいアプリケーションの種類をはじめ、予算などに合わせて検討しましょう。クラウド型RPAツールとオンプレミス型RPAツールにはそれぞれに特徴があり、それぞれにメリットがあります。なかには、両方を上手に組み合わせて導入しているケースも少なくありません。

『クラウドBOT』は、専門的な知識は必要なく、簡単にロボットを作成でき、実行まですべてをクラウド上で行えるクラウド型RPAサービスです。無料体験のプランもご用意していますので、ぜひお試しください。

無料体験のプランをご用意!クラウド型RPAツールを導入して業務を効率化しよう

クラウド型RPAツールは、インターネット環境があれば、申し込み後すぐに使うことができます。いわば、クラウド上にRPAのデジタルロボットが存在し、作業を行う仕組みです。アプリケーションのインストール作業や高価なサーバーの準備などは不要で、価格も低価格で済みます。自動操作は、直接実行、定期実行、API実行など様々な方法に対応しており、自由なタイミングでBOT実行が可能です。
『クラウドBOT』は、サーバーレス技術を採用し、低価格かつ高品質を実現しています。体験してみたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

クラウドBOTで提供しているサービスについてもっと詳しく


  1. クラウド型RPAを低価格で導入!そもそもRPAとは?導入ニーズが高まった背景 無料体験も実施!活用事例も参考に
  2. クラウド型RPAを導入するメリットとは?専門知識がなくても簡単に活用できるのが魅力
  3. クラウド型RPAツールを無料体験!代表的なRPA製品「オンプレミス型」と「クラウド型」について
  4. クラウド型RPAツールの導入事例をご紹介!RPAツールの選定ポイント 使い方簡単で格安
  5. iPaaS製品の必要性 iPaaSとの連携が可能なクラウド型RPA『クラウドBOT』 無料プランから利用可能!初めての方は事例を参考に
  6. iPaaS製品とRPAツールの違い 日本でも普及が広がる!iPaaSを導入するメリット
  7. SaaSを連携させてワークフローの自動化・効率化を実現!クラウドサービス「SaaS」の連携手段とクラウド型のRPAツールを利用した連携
  8. SaaSの連携に有用な2製品「iPaaS」と「クラウド型RPA」とは SaaSの連携なら各APIに対応可能◎活用事例も多い『クラウドBOT』の導入を
  9. webブラウザ操作の自動化なら『クラウドBOT』 RPAツールで自動化・効率化できる業務 データ抽出を効率化するなら
  10. webブラウザ操作の自動化ならプログラミング不要で更新も手間いらずの『クラウドBOT』 自動化できる操作をご紹介