日々のWebサイト周回業務を効率化。

『タイムリーな情報を必要とするマーケターの強い味方』



※写真はイメージです。
Webマーケティングコンサル会社 S様
情報収集 マーケティング

■設立
2014年6月

■クラウドBOT利用開始
2020年1月

■現在利用中のプラン
マルチオフィス

全国の中小企業を対象にWebマーケティングのコンサルティング事業を展開されている会社様からの活用事例です。日々、タイムリーな情報を必要とする事業なだけに、毎日様々なサイトを見て、情報収集を行っておりました。クラウドBOTを活用する事で、サイト閲覧にかかる時間の短縮に協力させて頂きました。

今回、どのような経緯でクラウドBOTをご利用頂いたのでしょうか。


弊社は日本全国の中小企業様を対象にWebマーケティングのコンサル事業を中心に展開している企業です。お客様の販売する商品や経営戦略に基づいてお客様毎に様々な情報収集を行っております。
例えば、お客様の業界に関連するニュース記事や株価の情報、お客様の運営するWebサイトの状況など、様々な情報を日々、把握しておく必要があります。
コンサルティングをさせて頂くお客様が増えるごとに、情報収集の幅が広がり、様々なサイトから情報収集を行う必要が出てきます。
こういった状況の中で社内では近年注目を集めている”RPA”を使って、業務を効率化できないかという話があがっておりました。
まず、効率化対象の案としてあがっていたのが、簡単そうな”情報収集業務の効率化”という部分でした。ロボットもクラウド上で動く物を探しておりました。
様々なRPA商品を試していたのですが、ロボットを動かすまでに非常に時間がかかる(作るのが難しい)点と、費用が高すぎる点で導入を躊躇しておりました。そんな中、アルファ版提供との事でしたが、無料で使えるクラウドBOTの広告を目にし、利用してみる事にしました。

実際にご利用頂き、どのような印象を持たれましたでしょうか。


他社のRPAを試していたという事もありますが、難なく使用できました。今まで触ったどのRPA製品よりも簡単で、直感的にやりたい事ができました。
スクレイピングのような情報収集動作や、連続した入力動作などを行うロボットはRPAを触ったことがない方でも簡単に作れるのではないでしょうか。
ノンプログラミングをうたっているだけあって、優しいインターフェースでしたね。

具体的にどんなシーンでクラウドBOTを活用しているのかお伺いする事はできますか?


主に毎朝の情報収集業務を任せるロボットを作成し、必要な情報を一覧に出力してもらっています。特に、業界別のニュース記事や、関連性の高いプレスリリースの情報を一覧にまとめてくれるロボットは重宝しています。

正式サービス後に利用できるようになったスケジュール機能で、より便利になりましたね。毎朝様々なWebサイトを見て回る必要がなくなり、朝クラウドBOTにログインすると、ロボットが必要な情報を集めて一覧にまとめてくれてあります。

これまでクラウドBOTをご利用頂いた中で、目に見える成果などはございましたでしょうか?


情報収集に関する抜けや漏れが無くなりました。
これまで情報サイトの確認作業は、各担当者がブラウザに登録したブックマークを確認するなど、非常なアナログな業務となっていました。業界毎に様々な情報サイトに目を通しているため、どうしても確認に抜けや漏れが発生してしまうケースがありました。
クラウドBOTを利用するようになってからは、必要な情報が一覧に全てまとめられているため、”その一覧だけを確認すれば良い”という状態ができました。
ニュースサイトなどは、タイトルとURLのみを一覧にし、必要に応じて、詳細な内容を確認するようにしております。

今後もクラウドBOTをご活用頂けますでしょうか。


是非、使っていきたいと思います。
クラウドBOTは単位スクレイピングのツールとしてではなく、クラウド型のRPAツールとして様々な事が可能だと思います。
あまり詳しくはお話できませんが、現在Webマーケティングの施策自体を任せていけるBOTを作成してみています。
今後とも、よろしくお願い致します。

S様、この度はお忙しい中、急な取材に応じて下さいまして誠にありがとうございました。
クラウドBOTは、今後さらなるバージョンアップを重ねて参ります。こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。