ファイル操作の自動化に対応しました。

ー ファイルのアップロードやダウンロードなど、ブラウザ上で行うファイル操作の自動化が可能に ー
ファイル操作の自動化に対応した事を記したメインイメージ ファイル操作の自動化に対応した事を記したメインイメージ

ファイルのアップロードやダウンロードなど、ブラウザ上で行う様々なファイル操作の自動化に対応しました。 これにより、クラウドBOTはブラウザ上で行うほとんどの操作を自動化できる事になり、活用の幅がさらに広がります。

以下の操作に対応しました。

ファイルのダウンロード操作
・ファイルのダウンロード
・表示画像のダウンロード
・表示ページをファイルとして保存
ファイルのアップロード操作
・ファイルのアップロード(複数ファイル可)
仮想ブラウザ上で表示画像をダウンロードしようとしている画像

ファイル操作に関するドキュメントはこちら

クラウドBOT Docs『ファイルを操作する』
※クラウドBOT公式のドキュメントサイトに移動します。

ファイル操作を活用した自動化の例

case 1

サイト間のファイル受け渡しを自動化

任意のWebサイトからファイルをダウンロードし、別のWebサイトにアップロードする作業を自動化します。
これにより、単純作業の煩わしさから開放されると共に、ファイルの同期忘れや担当者不在時の作業漏れなどを防ぐ事ができます。

Webサイト間のファイル受け渡しイメージ

例えば、こんな作業を自動化できます。

ECサイトを運営されている方
ECサイトから売上情報の入ったCSVをダウンロードし、会計システムにアップロードする作業。
CRMツールなどを利用されている方
CRM(顧客関係管理)システムから顧客情報の入ったCSVファイルをダウンロードし、別の顧客管理システムにアップロードする作業。
case 2

全ての情報を複数サイトに一括登録

画像のダウンロード・アップロードに対応した事で、画像を含めて全ての情報を別のサイトに転記する事が可能になりました。 登録データを BOTに渡す事で、実際のWebサイトへの登録作業はBOTが代行して行います。
複数のECサイトを運用している場合や、関連する複数のポータルサイトに毎度同じ情報を登録しているような場合に、登録や更新にかかる作業時間を大幅に削減する事ができます。

Webサイトから別のWebサイトへ情報を転記するイメージ

例えば、こんな作業を効率化できます。

ECサイトを運営されている方
複数サイト(ECサイトやモール型ショッピングサイト)への商品の登録作業、在庫の更新作業。
不動産ポータルサイトを管理されている方
複数の不動産ポータルサイトに対する物件情報の登録や更新作業。
求人情報の管理をされている方
複数の求人サイトに対する求人情報の登録や更新作業。
case 3

Cloud BOT Agentを利用し、ローカルネットワーク内のWebシステムと連携

Cloud BOT Agentを利用する事で、ローカルネットワーク内のWebシステムやIoT機器とファイルを含めたデータの受け渡しが可能です。

ローカルネットワーク内のWebシステムとデータ連携しているイメージ

例えば、こんな使い方ができます。

ローカルネットワーク内の基幹システムと連携
ローカルネットワーク内の基幹システムからクラウドサービスへデータ連携を行う。
※基幹システムがWebブラウザで表示可能である必要があります。
ローカルネットワーク内のNASと連携
Webサイトやクラウドサービスからダウンロードしたファイルをローカルネットワーク内のNASに格納する。
※NASのWebUIからファイルのアップロードが可能である必要があります。
※既にCloud BOT Agentをご利用の場合、最新バージョン(3.0.0)へのアップデートが必要です。

今後の予定について

直近のリリース・開発予定について

  • ファイルダウンロード・アップロードAPI
  • iPaaS連携機能のファイル対応
  • 仮想ブラウザの「拡張機能」
  • ベーシック認証対応
具体的なリリース時期につきましては随時告知させて頂きます。